続けるためのバレットジャーナル使い方例【シンプルデイリーログ】

Notebook daily

✅シンプルデイリーログ編

ここではデイリーログの書き方の例を自分の手帳をもとに紹介します。

デイリーログ

【左ページ】
右側に1日のスケジュールを書いてます。
朝活のため3:00~23:00まで。
特に3:00~17:00までは30分刻みでそれ以降は60分刻み。

左上は自由ノートです。一言日記やら買い物リストやらとにかく規制なしです。

左下はいわゆるTODOリストです。
「7つの習慣」の第3の習慣を取り入れてます。
縦軸が重要性(上に行くほど重要)で横軸が緊急性(左に行くほど緊急)
それをもとに

第1領域:緊急で重要→・締め切り直前のタスク・クレーム処理など
第2領域:緊急でないが重要→・自分を磨くこと
第3領域:重要でないが緊急→・多くの会議や報告書
第4領域:重要でなく緊急でもない→・だらだらとした時間つぶし

と分けて記載します。
詳しくはこちら

ただ、第4領域はもちろん予定として成立しないので、夜などに1日を振り返って時間の無駄遣いを反省しながらここに記載していきます。
第1領域と第3領域は緊急でやらなければならないタスクの優先順位をはかるために分別して記載していきます。

この領域ごとにタスクを整理するデフォルトを持つ手帳がなかったので現在は満足していますね。

Notebook daily