続けるためのバレットジャーナル使い方例【シンプルマンスリーログ】

✅シンプルマンスリーログ編

ここではマンスリーログの書き方の例を自分の手帳をもとに紹介します。

月間予定です。
かなりシンプルに枠を作ってあります。これ以上面倒だと続かない自信があるもので・・・

  • 左ページ余白は日程がはっきりしないTodoリストです。
    日にちがはっきりしたらデイリーのTodoリストへ移動させます。
    時間まではっきりして初めてデイリーログに書き込みます。
  • 1日枠はオレンジの線で午前と午後に分けてあります。
    さらに午前と午後を3行に分け、おおよその空き時間をわかるようにしてあります。
    例えば、仕事はだいたい8:00から始まりますので仮に10:00の予定が入れば午前の枠の2行目に書きます。
    そうすると、「朝一の予定なしだな」とすぐに判断できます。
  • 1日枠の赤い縁取りは「これ以上予定は入らない」マークです。
    デイリーログに飛んで確認でなく、すぐ分かるようにしています。
    予定をその場で断れるようにするための工夫です。
  • 1日枠の青い縁取りは「この日は予定を入れない」マーク
    1週間に1日はとるようにしています。
    ここも「空き時間」ととらえるのではなく、「予定を入れない」という視点ですので、この日もすべての予定は断ります。

●タスク管理の考え方

「時間は限られている」
その中から自分へできるだけ多くの時間を投資したい

それを基盤にして予定を立てています。
私にとってタスク管理とは
「自分の時間を作るため」
の作業です。

もう一つは
「時間泥棒の排除」

  • メールやLineで済むことの電話は
    「会議中なので、メールかLineでお願いします」
    と毎回対応し、相手に
    「この人電話でない人なんだ」
    と認識してもらうように努力しています。
  • 基本的に 「これから」「今日の午後」「明日」など 3日以内の予定はよほど緊急でない限りお断りします。
  • ただし、断るだけでは信頼性がガタ落ちになるので、必ず代案を提示します。
    「〇月〇日〇時なら大丈夫です」はもちろんですが
    ビデオ通話で済ませられるか、Evernoteで共有できないかなど
    代替え案は最低3つは提示しているようにしています。

ABOUTこの記事をかいた人

貯水槽管理の小さな会社の代表をやっています。 早起き実践したり。 ブログに挑戦したり。 筋トレ再開したり。