MENU

WEBライター検定3級合格までの道のり

web wrighting

はじめまして!
50代WEBライター初心者のosamuです。
blog運営に関してとても大切なwebライティングのスキル向上のため、
クラウドワークスWEBライター3級を目指すことにしました。
合格まで頑張っていきます!
>>運営者情報はこちらです

WEBライター検定3級は、クラウドワークスに無料登録すれば誰でも簡単に受験できます。

また、合格することで、webライターとしての自分のスキルを読み手や案件発注者に明確にアピールできます。

しかし、調べてみるとなんと、合格率5%ほどというかなりの難易度。

駆け出しのwebライターさんやライティングスキルを磨きたい方は、私と一緒に頑張ってみませんか?

さっそく無料登録へ

現在の私の状況はこんな感じです。

2022年6月20日初受験不合格
2022年7月4日再受験予定
※2022/06/20現在
目次

webライター検定について

webライター検定3級
出典:クラウドワークス

このテストを監修している「株式会社グリーゼ」はWebマーケティング支援をもとにコンサルティングコンテンツ制作社員研修を手掛けています。
その会社が監修ということなので、受験することでかなり洗練されたWEBライティングスキルの取得に期待できます。

WEBライター検定の概要

WEBライター検定は3級から1級までの3ステップになっていて、上級にいくほど試験の難易度が上がっていきます。
次のようにまとめてみました。

受験料出題形式1口メモ
WEBライター検定3級無料マーク出題50問
WEBライター検定2級10,000円(税込)記述ライティングを行い採点/添削を行う実技テスト
WEBライター検定1級25,000円(税込)記述構成案作成を含めた実技テスト
参照:クラウドワークス

WEBライター検定のメリット

クラウドワークス内にて合格すると、プロフィールに合格証が表示されます。
これはWEBライターとしての必要な知識を有している証明になります。

つまり、WEBライター検定はクラウドワーク内での案件の受発注にそのメリットが最大に発揮されるということになります。

WEBライター検定3級の学習方法

自分で経験してみて、勉強方法として次のことが必要であるかと考えました。

  • 講義動画を見る
  • 副教材を使い知識を深める

講義動画を見る

WEBライター検定3級用の講義動画が用意されています。
全部で27パートあり、最長のパートでも19分弱、ほとんどが10分未満となっており、隙間時間でも学習可能になっています。

初回に私が検定テストに落ちた理由はこの動画をしっかり見なかったことかと感じています。
特に、練習問題が出題されるパートがあるのですが、この問題をきちんと解答し、理解する必要があります。
メモを取りながら、しっかり学習することが大切になります。

副教材の利用

講義動画だけでは少し不安を覚えましたので、できれば副教材を利用しながら、深く知識を得る必要があるかと思いました。
副教材に関しては、「文章の書き方」の関する内容本などをお持ちであれば、まず再読なりしてもいいかと思います。
ただ、私は今回を機会に手元に置いてその都度すぐに見直せるように、次の本を教材として利用しています。

新しい文章力の教室

この本のゴールは「完読される文章を書くこと」です
そのためのスキルを磨いていく方法などが理解できます。

WEBライター検定3級に合格した後も、手元において繰り返して読みたくなる内容でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

貯水槽管理の小さな会社の代表をやっています。
早起き実践したり。
ブログに挑戦したり。
筋トレ再開したり。

目次
閉じる